ホーム事業内容>メンテナンス

事業内容

ホイストクレーンは、重い荷物を移動させることが目的の機械です。そのため、事故が発生した際には、重大な災害になる可能性がとても高い機械です。
保守・メンテナンスにおいても、資格や講習を完了した専門技術者の管理による安全維持が重要です。

定格荷重3t以上のクレーンは、法令により2年に1回の所轄労働基準監督署の検査代行機関による性能検査の受検と年次点検、月次点検、作業開始前点検が義務付けられています。主要構造部を改造する場合にも変更届の提出義務があります。

また、1/2t以上のクレーンに関しても、年次点検、月次点検、作業開始前点検が義務づけられています。

神星電機では、設計・施工から保守・メンテナンスまでトータルにサポートしております。
すでに設置済の機械でも、「何かおかしいかな?」と感じたり、不明な点などありましたらお気軽にご連絡下さい。

クレーン協会の安全規則

定期点検

クレーンを稼働させるためには、安全規則によって義務付けられている定期点検を行わなければなりません。神星電機はその検査をトータルに代行し、万全のメンテナンスを実施して作業の効率化に貢献しています。

修理、オーバーホール

施工したホイスト全てを定期的にメンテナンスします。綿密なオーバーホールと修理を行い、ホイストの能力維持に貢献しています。

ページトップ