ホーム採用情報>先輩社員紹介


▲エントリーはこちらから

RECRUIT INFO〜先輩社員紹介〜

先輩社員紹介

Message for▼ 岡田 吉克

Message for▼ 榊原 勇治

皆さん初めまして。神星電機株式会社 豊田工場長の岡田です。 神星電機には、3つの工場があるのですが、私は豊田の工場長をしています。

「仕事の中で一番のやりがいは?」と聞かれると、「お客様に喜んでもらえた時です」とお答えします。例えば、お客様から「調子悪いみたいだからはやく来て」と突然連絡がはいり、すぐに直しに行ったあとの「ありがとう」。頼りにされていると改めて実感します。そう言っていただけた時が一番やりがいを感じます。

私たちの仕事というのは、お客様のご要望に合わせたクレーンを設置するだけでは終わらない、長いお付き合いをさせていただく仕事です。自分が手掛けたクレーンを、長い間お客様が使ってくれる。そこに点検に行き、故障させずに安全に稼働させ続ける。そんな中で、お客様に「故障しないでずっと動いてくれているよ」と喜んでいただける。そんな信頼関係を築いていける仕事です。

豊田工場長 岡田 吉克

新入社員の皆さんへメッセージ。

この仕事は、人が基本の仕事なので、教育面と安全面にはとても重点を置いています。実作業を行うにあたって、資格がものを言う部分もありますので、一人一人の資格も充実させています。必要な資格や講習はどんどん受けてもらっています。どんどん吸収して、自分の力にして下さい。

入社してすぐはわからないことだらけだと思いますが、私はなるべく本人のちからで仕事をやらせたいと思っています。失敗を恐れずにどんどんチャレンジしていって、育って欲しい。
ただ、忘れてはいけないことはお客様第一ということと、もしミスをしてしまったら素直に謝ること。ミスがおきても黙っておくのが一番問題ですし、同じミスを今後繰り返さない様に受け止め、次に活かしてくれることが重要です。 わからないことがあれば何でも聞きにきて下さい。聞きづらいような風土はどこにもありません。チャレンジ精神をもって、どんどん成長してくれることが一番の望みです。

ページトップ

こんにちは。業務3係の榊原です。 僕は電気系の専門学校に通っていて、学校にきた求人票を見て神星電機を知りました。 もともと大きな会社で働くイメージはなかったし、分業よりもいろいろなことをやってみたかったのもあって入社を決めました。なんか働きやすそうな雰囲気がしたっていうのも重要でした。

「電気系」の仕事がしたくて神星電機に入社したけど、仕事を始めてみて「あれ?何か違う。」って思ったんですね。よく見たら「電気」と「電機」が違ってました(笑)
でも、間違えて正解だったと思います。お客様によっていろいろな仕事があるし、新しい提案もできる。空いている時間を使ってオーバーホールしたりとか。ここは何でもできる。
他の会社を知らないので見てみたい気持ちもあるけど、やめたいとは思わないです。
うれしい誤算でした(笑)

業務3係 榊原 勇治

今の仕事は点検・メンテナンスを主としています。法令で毎月点検するようにと決まっているのでお客様の工場に毎月行きます。というかほぼ毎週かも(笑) 点検終了後に担当部署へ報告にいくのですが、その時に要望を聞いたり、点検の時だけでは出ない症状などもあるので、いろいろなことを聞くようにしています。 あとは、お客様から突発で「クレーンから煙がでてる」とか電話がかかってきて、部品をもって駆けつけることもあるし、現場に行ってから、社内にいる仲間に部品を持ってきてもらい対応することもあります。 とにかくお客様のことを考えて行動することが大事かなって思っています。

新入社員の皆さんへメッセージ。

クレーンを新設するにも0からやれるというのがおもしろい。しかもそれが一人じゃなくて仲間とやれるからなおさらです。みんなで協力して一つのモノを作り上げるのが楽しい。
それがカタチとして残り、点検で現場に行けばいつでも見れる。
そんな職場で、一緒に新しいモノを作っていきませんか?

ページトップ